横浜市デジタル統括本部

横浜市デジタル統括本部公式noteです。 デジタル統括本部の活動のほか、横浜市役所内で行われているデジタル技術を活用した取組なども発信していきます!

横浜市デジタル統括本部

横浜市デジタル統括本部公式noteです。 デジタル統括本部の活動のほか、横浜市役所内で行われているデジタル技術を活用した取組なども発信していきます!

最近の記事

対象手続1900万件!行政手続オンライン化の取組

皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 まず皆様にクイズです! 年に何回もする人もいれば、数年に渡ってしない人もいるものってなんでしょうか? 正解は・・・もうお分かりですね。 そう!「行政手続」です! 我々デジタル統括本部が立ち上がることになったきっかけでもありますが、コロナ禍以降、行政手続のオンライン化ニーズの高まりを受けて、多くの自治体で取り組んでいる課題であり、もちろん横浜市でも重要課題となっています。 今日はそんな行政手続オンライン化の取組に迫っていこ

スキ
4
    • 交付枚数は全国最多の180万枚越え。市民の約2人に1人が保有する横浜市のマイナンバーカード発行オペレーションに迫る!

      皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 いきなりですが、皆様はマイナンバーカードをお持ちでしょうか? これからの時代の本人確認ツール現在、様々な行政手続等をオンラインでも可能にするための環境整備が進められていますが、オンラインの場合、本人確認や手続きを行うべき当人であることの証明がこれまでのように対面では行えません。 手続をする時には「確かにその手続きを行うべき人が申請をしている」ということを確かめるための「本人確認」を行うことが多くあります。 マイナンバーカード

      スキ
      17
      • YOKOHAMA Hack!キックオフ ー官民連携×デジタル技術により課題解決の新たなスタンダードを創る【後編】

        皆様こんにちは。横浜市デジタル統括本部です。 前回のnoteから引き続き「YOKOHAMA Hack!」キックオフイベント「Y-Hack!Gate」の様子をお伝えします。 企業シーズを最大限に活かす参画パターンYOKOHAMA Hack!における企業の参画パターンは、ニーズとシーズの距離によって、次の3パターンを想定しています。 ・パターン1:新たなソリューションの創造 「YOKOHAMA Hack!」で提示した課題が荒削りでデジタル化するまでに技術とアイデアが必要とな

        スキ
        7
        • YOKOHAMA Hack!キックオフ ー官民連携×デジタル技術により課題解決の新たなスタンダードを創る【前編】

          皆様こんにちは。横浜市デジタル統括本部です。 前回のnoteでもお知らせしましたが、いよいよ「YOKOHAMA Hack!」がスタートしました。 今回は7月4日に公開されたキックオフイベント「Y-Hack! Gate」の模様と「YOKOHAMA Hack!」への企業参画のメリットや流れ、第一弾のニーズテーマをご紹介します。 イベント前半は、山中竹春 横浜市長スピーチと、南雲岳彦氏の基調講演によって取り組みの方向性を。 後半は、「YOKOHAMA Hack!」のフレーム、第

          スキ
          11

          「横浜DX戦略」素案公開&「YOKOHAMA Hack!」立ち上げます!

          皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 6月も後半に入り、暑さも厳しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日は皆様へお知らせ2本立てです。 お知らせその1 「横浜DX戦略」素案公開!令和4年1月に「横浜DX戦略(仮称)」の方向性/骨子案を公開し、noteにも以下の関連記事を2本アップしていました。 上記の方向性/骨子案に基づき、具体的に取り組む主な施策・事業を示した「横浜DX戦略」(素案)を、令和4年6月に策定しました。 素案は「フレーム編」

          スキ
          6

          デジタル・デザイン人材の応募受付中です!

          皆様こんにちは。 デジタル統括本部です。 先日、告知しましたデジタル・デザイン人材の募集について、採用担当Yさんから新情報があるということで、再び登場してもらいましょう。 採用担当Yさーん!! 採用担当Y)はい、再びお邪魔します!採用担当Yです! 本日は、デジタル・デザイン人材の応募受付開始のお知らせに来ました。 詳細を記載した募集案内や応募書類等を市WEBサイトに公開しています。 応募締め切りは【令和4年5月15日(日)17時】です。 ご応募を検討される方は、必

          スキ
          9

          デジタル・デザイン人材の募集を開始します!

          皆様こんにちは。 デジタル統括本部です。 4月より新体制となり再始動したデジタル統括本部ですが、本日は採用担当より重大告知があります。 ということで、採用担当Yさん!告知をどうぞ! 採用担当Y)はい!採用担当Yです! 本日は皆様に、ぜひとも、お知らせしたいことがあります。 横浜市では、2022年1月「横浜市DX戦略(仮称)方向性/骨子案」を策定し、DXの推進に取り組んでいることは、過去のnoteでも度々お知らせしているところです。 このたび、さらにDXの取組を進化さ

          スキ
          19

          「横浜イノベーション!」の著者・内田裕子さんに聞く。DX時代の「横浜の物語」とは

          皆様こんにちは。横浜市デジタル統括本部です。 横浜市では毎年恒例4月の定期人事異動が行われ、合わせてデジタル統括本部もリニューアルされました。 具体的には、これまでの26名から体制を大幅に増強し、総勢100名を超える大所帯になったほか、「デジタル×デザイン」の考え方を全庁に浸透させ、変革に前向きな組織風土を醸成するサポートを行うための専門チームであるデジタル・デザイン室を設置しました。 今後はこの布陣で「横浜DX戦略」方向性/骨子案の具体化やデジタル区役所やYOKOHAMA

          スキ
          22

          横浜市デジタル統括本部長に聞く! 横浜DX戦略の目指すものとは

          皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 新年が明けたのはついこの間…と思っていたら、あっという間に4月も目前ですね。 4月は春の到来をイメージさせる月ですが、春は出会いと別れの季節と昔から言われており、色々と環境が変わる方も多いのではないかと思います。 変わると言えば、ここ数年はコロナ禍でライフスタイルやビジネスのやり方などに変化を余儀なくされた方も多かったのではないでしょうか。 コロナ禍では、ソーシャルディスタンスという言葉で人と人との物理的な距離を取ることが推

          スキ
          133

          デジタル技術で「横浜ラポール」をアップデートする提案募集中!

          皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。  2021年はコロナ禍の中で行われたパラリンピックが大変な盛り上がりを見せましたが、皆様ご覧になりましたでしょうか。 どの競技も熱い闘いが繰り広げられる中、見事銀メダルを勝ち取った車いすバスケットボール日本代表の古澤選手、鳥海選手、赤石選手、髙柗選手は、実は横浜に縁があるということで「横浜市スポーツ栄誉賞」が贈られているのは知る人ぞ知る話です。 そんなこともあり今熱い障害者スポーツですが、横浜における障害者スポーツと文化の

          スキ
          18

          常に仰ぎ見るべき「北極星」としての財政ビジョンと、それを支える「見える化」(後編)

          前編から続く 皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 前編に引き続き、「財政×デジタル活用」をテーマに、「横浜市の持続的な発展に向けた財政ビジョン」と、市の財政をわかりやすく可視化しただけではなく、それぞれの事業予算ごとに民間からの提案を受け付けるための入口を作るという「財政見える化ダッシュボード」の取組みを中心に、横浜市財政局財政課のお話をお届けします。 お話を伺った方 財政見える化ダッシュボードの取組み財政ビジョンをもとに行われる様々な取組みの中で生まれるデ

          スキ
          23

          常に仰ぎ見るべき「北極星」としての財政ビジョンと、それを支える「見える化」(前編)

          皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 このnoteを書いている2月は、横浜市役所では別名「予算市会」と呼ばれる「令和4年度第一回市会定例会」の会期中となっており、市が行う次年度事業の予算を定めるための議論が熱く交わされているところです。 インターネット中継も行われていますので、ご興味ある方はぜひご覧になってみてください。 そうして決められた予算ですが、横浜市の事業は文字通り「ゆりかごから墓場まで」をカバー範囲として多くの事業があり、市民・議会、民間企業などの皆

          スキ
          27

          レシートでお得にテイクアウト&デリバリーのススメ

          皆様こんにちは。 横浜市デジタル統括本部です。 突然ですが、皆さんはお買い物をした時にもらうレシートってどうしてますか? もらわない?すぐ捨てちゃう? そんな方も多いのではないかと思います。 レシートで飲食店支援? 今日はそんなレシートで自分もお得で飲食店支援にもなる「レシ活チャレンジ」についてご紹介します。 「レシ活チャレンジ」は横浜市が実施する横浜市内飲食店支援の取組みです。 市内飲食店の利用促進のため、市内飲食店におけるテイクアウト、デリバリーの利用者を対象に、

          スキ
          21

          「横浜DX戦略(仮称)」の方向性/骨子案を公表しました。

          皆様こんにちは! 横浜市デジタル統括本部です。 今回は、デジタル統括本部が今後目指す方向や活動について、本日発表された「横浜DX戦略(仮称)」をベースにお話しさせていただきます。 「横浜DX戦略(仮称)」戦略の方向性骨子案(PDF:2,370KB) 「横浜DX戦略(仮称)」については山中市長からのコメント動画も公開しておりますので、ぜひこちらも御覧ください。(1分53秒) 「横浜DX戦略(仮称)」ってなに? 前回のnoteで「もはやデジタルは社会基盤になくてはならない

          スキ
          57

          横浜市デジタル統括本部公式noteはじめました。

          皆様こんにちは! 横浜市デジタル統括本部です。 この度、公式noteを開設し、皆様に横浜市が行うデジタルを活用した変革(デジタル・トランスフォーメーション:DX)に関する様々な情報をお届けすることとなりました。 「デジタル」と聞くと「え~、自分にはわからない~」と引かれる方も多いかもしれませんが、そんな皆様の多くはスマートフォンなどなんらかのデジタル端末をお持ちなのではないかと思います。 最新の情報通信白書では世帯における情報通信機器の保有率が90%を超えるという結果も出て

          スキ
          67